選ばれる面接とは?

話すよりも聞く

話すよりも聞く

面接では自信のない人よりも、自信を持っている人が選ばれやすいと思います。
そのための一番の方法は、話すことよりも聞くことに重きを置くことです。
面接官の話をしっかり聞くのはもちろんですが、
グループ面接の場合、他の応募者の話もしっかりを聞くことが大切です。
そして、自分が話すときが来たら、ゆっくりと自分の言葉で話すのが良いでしょう。

質問する

質問する

しっかりと面接官の印象に残ることができれば、面接を通過する可能性が、ぐっと上がります。
そこで有効なのが「質問」です。
面接官は質問をすることに慣れていますが、質問されることには慣れていません。
それが、鋭い質問であれば、なおさらです(失礼にならない程度の質問にしましょう)。
話を聞く中で質問を思いつくのが一番ですが、面接前にあらかじめ、いくつかの質問をストックしておくのも有効です。

同じ立場で考える

同じ立場で考える

面接は、相手が私を審査する場所。
そう思うと、相手の立場が上に感じて、萎縮して力を発揮できない場合があります。
そこで同時に、私が働くのにふさわしい会社であるかどうかを判定する場所でもあると考えてみてはいかがでしょうか?
面接官も1社員であり、一人の人間です。
ひとりの人間として、しっかりと会話ができれば、より良い印象を与えられるのではないでしょうか?

派遣に応募する

弊社の人材派遣サービスに興味をお持ちいただき、誠にありがとうございます。
私らしく働くための第一歩として、下記よりお問い合わせください。